秋篠宮ご夫妻 高校総体で徳島県ご訪問

全国高校総体バドミントン競技の会場に到着され、徳島県の飯泉嘉門知事(左)らの出迎えを受ける秋篠宮ご夫妻=27日、徳島県鳴門市のアミノバリューホール(代表撮影)
全国高校総体バドミントン競技の会場に到着され、徳島県の飯泉嘉門知事(左)らの出迎えを受ける秋篠宮ご夫妻=27日、徳島県鳴門市のアミノバリューホール(代表撮影)

秋篠宮ご夫妻は27日、全国高校総合体育大会(インターハイ)の総合開会式臨席などのため、空路で徳島県に入られた。開会式は28日に徳島市内で開かれ、秋篠宮さまがお言葉を述べられる。

27日は同県鳴門市の会場で、バドミントン競技をご観戦。ご夫妻は担当者の説明に熱心に耳を傾け、拍手を送るなどして高校生の白熱した試合をご覧になった。インターハイは代替わりに伴い、ご夫妻が天皇、皇后両陛下から引き継がれた行事の一つ。新型コロナウイルス禍で、開催県を実際に訪問されるのは令和元年以来3年ぶりとなった。

大会は今回、開会式の出席者を制限するなど、感染対策を徹底して開催。ご訪問に際し、ご夫妻と帯同する職員も事前にPCR検査を実施した。

会員限定記事会員サービス詳細