小・中学校将棋団体戦

「最後まで頑張りたい」山梨・駿台甲府中が決勝進出 東日本大会

秋田県代表の秋田大教育文化学部付属中(左)と対戦する山梨県代表の駿台甲府中=27日、東京・大手町(萩原悠久人撮影)
秋田県代表の秋田大教育文化学部付属中(左)と対戦する山梨県代表の駿台甲府中=27日、東京・大手町(萩原悠久人撮影)

「文部科学大臣杯 第18回小・中学校将棋団体戦」(主催・産経新聞社、日本将棋連盟、後援・文部科学省、特別協賛・ヒューリック)の東日本大会が27日、東京都千代田区の大手町サンケイプラザで行われた。

本県からは駿台甲府小、中が出場し、同中が8月10日の決勝大会に進出した。同中の今村暁(あきら)さんは「強豪ぞろいで初めは緊張したが力は発揮できた。ここまで勝ち上がれたので優勝できるよう最後まで頑張りたい」と意気込みを語った。

会員限定記事会員サービス詳細