フォト特集

あの世でも忙しく 寂聴さんお別れ会

祭壇の前で阿波踊りを披露する「寂聴塾」の塾生たち=26日午後、東京都内のホテル(代表撮影)
祭壇の前で阿波踊りを披露する「寂聴塾」の塾生たち=26日午後、東京都内のホテル(代表撮影)

昨年99歳で死去した作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんの「お別れの会」が26日、東京都千代田区の帝国ホテルで開かれ、親交のあった著名人ら約290人が参加した。作家の平野啓一郎さんは「安らかに眠ってください、という決まり文句は似つかわしくない。あの世でもきっと目が回るほど忙しくされ、懐かしい人たちとの再会を楽しんでらっしゃることと想像します」と遺影に語りかけた。

作家の林真理子さんは「作家は死んだら次の年には忘れられるもの、と何度もおっしゃった。でもそれはでたらめでした。今、先生のご本は売れ、ドキュメンタリー映画が作られ、また寂聴ブームが起こっております」。俳優の南果歩さんは「人に疲れ、愛に敗れ、道しるべがなくなった多くの女性は、先生の明るい笑顔を見て、私たちもそんな笑顔ができる日が来るかもしれないと思えた」と感謝した。

瀬戸内さんは1922年徳島市生まれ。小説「夏の終り」「かの子撩乱」などを手がけ、「源氏物語」の現代語訳でも知られた。岩手県の中尊寺で得度し、京都市の寂庵で法話を開くなど人々に寄り添い、昨年11月9日に心不全で亡くなった。

瀬戸内寂聴さんの「お別れの会」で献花し手を合わせる参列者=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
瀬戸内寂聴さんの「お別れの会」で献花し手を合わせる参列者=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする作家の平野啓一郎さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする作家の平野啓一郎さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする作家の林真理子さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする作家の林真理子さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする俳優の南果歩さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする俳優の南果歩さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする俳優の寺島しのぶさん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする俳優の寺島しのぶさん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
瀬戸内寂聴さんの「お別れの会」で祭壇に花を手向ける参列者=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
瀬戸内寂聴さんの「お別れの会」で祭壇に花を手向ける参列者=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする作家の沢地久枝さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする作家の沢地久枝さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする作家の江國香織さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする作家の江國香織さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
瀬戸内寂聴さんの「お別れの会」で司会をする有働由美子さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
瀬戸内寂聴さんの「お別れの会」で司会をする有働由美子さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをするエッセイストの阿川佐和子さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをするエッセイストの阿川佐和子さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする作家の島田雅彦さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする作家の島田雅彦さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする白井勝也さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
あいさつをする白井勝也さん=26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
祭壇の前で阿波踊りを披露する「寂聴塾」の塾生たち==26日午後、東京都千代田区(代表撮影)
祭壇の前で阿波踊りを披露する「寂聴塾」の塾生たち==26日午後、東京都千代田区(代表撮影)


会員限定記事会員サービス詳細