現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

ポツダム宣言とは何だったのか 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

東京大学の小堀桂一郎名誉教授
東京大学の小堀桂一郎名誉教授

7月26日といふ日付を見る度に<あゝポツダム宣言発出の日だな>と反射的に連想が走るのは戦中派世代の身に染みついた固定観念の如(ごと)きもので、その事自体にはもはや特別の感慨はない。

戦後の日本に深い刻印

然(しか)し本年から算(かぞ)へれば77年の昔の事になるあの出来事は、やはり戦後の日本の国柄と社会のあり方に、いまだに拭ひ去る事のできない深い刻印を遺してゐる歴史の創痍(そうい)なのであつて、年に一度くらゐはその事実を想ひ起し、改めて現在の我々の境位に投げかけてゐる翳(かげ)の意味を反芻(はんすう)してみる機会としてよいのではないかと考へる。

ランキング

  1. 【ソウルからヨボセヨ】日本人妻たちのデモ

  2. 【産経抄】8月20日

  3. 【主張】尹政権の対日政策 行動なしの改善あり得ぬ

  4. 【主張】ミャンマー問題 ASEANは介入強めよ

  5. 【浪速風】安心材料がほしい

  6. 【正論】新内閣は経済安保〝二の矢〟急げ 明星大学教授・細川昌彦

  7. 【主張】中国の科学力 専制主義と切り離せない

  8. 【産経抄】8月19日

  9. 【主張】「佐渡」の遺産登録 政府は不手際を猛省せよ

  10. 【直球&曲球】宮嶋茂樹 民主主義の根幹で示された民意

会員限定記事