現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

ポツダム宣言とは何だったのか 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

東京大学の小堀桂一郎名誉教授
東京大学の小堀桂一郎名誉教授

7月26日といふ日付を見る度に<あゝポツダム宣言発出の日だな>と反射的に連想が走るのは戦中派世代の身に染みついた固定観念の如(ごと)きもので、その事自体にはもはや特別の感慨はない。

戦後の日本に深い刻印

然(しか)し本年から算(かぞ)へれば77年の昔の事になるあの出来事は、やはり戦後の日本の国柄と社会のあり方に、いまだに拭ひ去る事のできない深い刻印を遺してゐる歴史の創痍(そうい)なのであつて、年に一度くらゐはその事実を想ひ起し、改めて現在の我々の境位に投げかけてゐる翳(かげ)の意味を反芻(はんすう)してみる機会としてよいのではないかと考へる。

ランキング

  1. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  2. 【論説委員 日曜に書く】川瀬弘至 こんな文章 読みたくない

  3. 【浪速風】習政権のオウンゴール

  4. 【田村秀男の経済正解】成長できなくなった中国

  5. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  6. 【主張】ASEANと中国 台湾有事は地域の脅威だ

  7. 【産経抄】8月7日

  8. 【湯浅博の世界読解】中国衰退の足音が聞こえる

  9. 【新聞に喝!】日中国交成立 報道利権獲得に走った朝日 元東京大学史料編纂所教授・酒井信彦

  10. 【主張】安倍元首相銃撃 テロ事件の肯定を許すな

会員限定記事