永瀬拓矢王座への挑戦者は豊島将之九段 将棋王座戦

王座戦挑戦者決定戦で大橋貴洸六段(左)に勝ち、挑戦を決めた豊島将之九段=25日午後、大阪市福島区の関西将棋会館
王座戦挑戦者決定戦で大橋貴洸六段(左)に勝ち、挑戦を決めた豊島将之九段=25日午後、大阪市福島区の関西将棋会館

将棋の第70期王座戦挑戦者決定戦が25日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われ、先手の豊島将之九段(32)が大橋貴洸(たかひろ)六段(29)に123手で勝ち、永瀬拓矢王座(29)への挑戦権を得た。五番勝負の第1局は8月31日、東京都港区で開幕する。

豊島九段の王座戦への挑戦は8期ぶり2度目。永瀬王座とのタイトル戦は2年前の第5期叡王戦七番勝負以来で、このときは持将棋(引き分け)が2度成立するなどして第9局まで戦い、最後は挑戦者だった豊島九段が制した。

豊島九段は終局後「永瀬王座は鋭い攻めと粘り強さの両方を兼ね備えている。五番勝負は厳しい戦いになるが、しっかり準備して臨めたら」と話した。

大橋六段は今回、自身初のタイトル挑戦が懸かったが、果たせなかった。

会員限定記事会員サービス詳細