航空大訓練機が滑走路逸脱 帯広空港、一時閉鎖

25日午前11時ごろ、北海道帯広市の「とかち帯広空港」で、航空大学校(宮崎市)帯広分校の訓練用小型機が離陸しようとした際に滑走路をはみ出し、草地で停止した。乗っていた訓練生1人にけがはなかった。このトラブルで空港は一時閉鎖されたため、羽田発帯広行きの1便が欠航、羽田行きの1便に遅れが生じた。

航空大学校によると、飛行機は単発のプロペラ機で、操縦していた訓練生の他には搭乗者はいなかった。離陸に向けて滑走中に左側に逸脱したという。

とかち帯広空港は東京・羽田を結ぶ便が1日7往復就航している。

会員限定記事会員サービス詳細