中国軍無人機、沖縄本島・宮古島間を通過 台湾方面へ

防衛省外観=東京都新宿区(川口良介撮影)
防衛省外観=東京都新宿区(川口良介撮影)

防衛省は25日、中国軍の無人機が沖縄本島と宮古島の間を通過して太平洋に出た後、台湾方面へ飛び去ったと発表した。領空侵犯はなかった。無人機は哨戒機などを伴わず単独で飛行した。

航空自衛隊は同日午前から午後にかけて、中国製の偵察・攻撃型無人機「TB001」1機が東シナ海方面から飛来し、沖縄本島と宮古島の間を通過して太平洋に抜けたのを確認。その後、無人機は太平洋上で旋回した後、台湾とフィリピンの間のバシー海峡方面へ飛行した。空自戦闘機が緊急発進(スクランブル)して警戒監視に当たった。

会員限定記事会員サービス詳細