車載システムで存在感、アップル「CarPlay」の進化と安全運転は両立できるか

アップルの車載システム「CarPlay」が進化し、燃料の残量や速度といった車両に関するデータも表示できるようになる。こうしたシステムはダッシュボード全面に広がるディスプレイを“支配”しようとしているが、表示される情報量が増えることの弊害も指摘されている。

システム工学の専門家であるダニエル・マッギーの確かな情報に基づく意見によると、もはや“魔人”をびんの中に戻すには完全に手遅れなのだという。米国の人々は、1日に平均29マイル(約47km)ほどクルマを走らせる。誰もがスマートフォンをもっており、運転中に電話を使いたがるだろう。

問題になるのは、人々が運転中でも安全に通話する方法だ。注意散漫の原因が満載のデバイスがポケットの中にあるわけなので、気をとられないようにしなければならない。

この問題に対する自動車メーカーからの過去10年以上にわたる回答は、車内に広がる複雑なインフォテインメント・システムをクルマに搭載することだった。これらのシステムはダッシュボードに広がる巨大なタッチスクリーンに表示されるのだが、その幅はメルセデス・ベンツのある車種では4.5フィート(約1.4m)を超えている。

アイオワ大学の国立高度運転シミュレーターのディレクターでもあるマッギーは、そうしたシステムを運転中に使うことは「必ずしも最善とは言えない」と指摘する。だが、別の選択肢といえば「運転中にスマートフォンの画面に表示された小さなウィジェットを指先で操作する」ことになり、それよりはましだとも言う。

存在感が高まるインフォテインメント・システム

これまでのところ自動車メーカーは、実用的なソフトウェアの開発に苦戦してきた。だからこそ、大手テック企業であるアップルやグーグルが、「CarPlay」や「Android Auto」といった独自の車載ソフトウェアを提供するようになったのである。

アップルが最近発表した次世代のCarPlayに関しても、同じことが言えるとマッギーは考えている。新しいCarPlayはダッシュボード全面のディスプレイにも表示できる。ウィジェットがあり、計器類の配置も選択もできるようになった。

単にiPhoneの画面をミラーリングするだけでなく、ドライバーがラジオのチャンネルを変更できるようにしたり、燃料の残量や速度といった車両に関するデータを表示したりすることもできる。アップルは自動車メーカーとの提携を、2023年後半にも発表し始めるという。

クルマにおけるインフォテインメント・システムの存在感の高まりは、無理もないことだが反発を招いてきた。安全論者と研究者は何年にもわたり、自動車メーカーが設計したシステムもテック企業が設計したシステムも、ドライバー者を運転に集中させることができていないと警告してきたのである。

「現在のインフォテインメント・システムは、ドライバーが指先でいじれるものがあまりに多すぎます」と、ユタ大学の認知神経学者で脳のマルチタスクの手法を研究しているデイビッド・ストレイヤーは指摘する。「そういったものが、ドライバーの気を散らす世界をつくっているのです」

会員限定記事会員サービス詳細