兄の思い受け継ぐ 高校野球千葉大会で活躍の市船橋・大野七樹選手

市船橋1年の大野七樹選手=24日、ZOZOマリンスタジアム(前島沙紀撮影)
市船橋1年の大野七樹選手=24日、ZOZOマリンスタジアム(前島沙紀撮影)

全国高校野球選手権千葉大会で決勝進出を果たした市船橋。準決勝では点を取られたら取り返すというシーソーゲームの末、拓大紅陵を下した。その試合で1年生ながら中軸の5番打者として出場、八回には値千金の勝ち越し打を放った。

「大観衆の中でできて楽しい」。打席では常に笑顔だ。ベンチからの「楽しめ」「お前ならできる」という声で、リラックスして臨めたという。

小学1年から4歳上の兄、栄瞬の影響で野球を始めた。兄の背中を追って市船橋に入学したという。練習では体重移動などに重点を置き、試合では低く強い当たりを意識して「うまくできているところはある」と満足する一方、「高校ではまだ試合で本塁打を打てていない」と向上心を見せる。

コロナ禍で最後の夏の大会を経験できずに卒業した兄からは準決勝の前、「頑張れ」というエールを受け取ったという。兄の思いを受け継ぎ、決勝では「(試合に)出られれば、一球一球集中して絶対に勝つ」と意気込んだ。(前島沙紀)

会員限定記事会員サービス詳細