同級生ら母校で追悼礼拝 八王子3人射殺から27年

矢吹恵さんの追悼礼拝で、祈りをささげる同級生ら=23日午後、東京都町田市の桜美林高校(王美慧撮影)
矢吹恵さんの追悼礼拝で、祈りをささげる同級生ら=23日午後、東京都町田市の桜美林高校(王美慧撮影)

平成7年7月に東京都八王子市のスーパー「ナンペイ大和田店」で、従業員の女性3人が射殺された事件は30日に、未解決のまま発生から27年となる。被害者の1人で高校生、矢吹恵さん=当時(17)=が通った私立桜美林高(東京都町田市)で23日、同級生らによる追悼礼拝が行われ、事件解決を願った。

礼拝では、矢吹さんの顔写真と色鮮やかなヒマワリを前に、元同級生や教師ら約15人が黙禱(もくとう)をささげ、賛美歌を歌った。

矢吹さんの中学・高校の同級生だった会社員、鷹野めぐみさん(44)は27年という歳月に触れ、「捜査技術や科学が進歩し、今も捜査してくださっている警察の方がいる。必ず解決すると信じて待っていたい」と話した。

事件では、矢吹さんと、前田寛美さん=当時(16)、稲垣則子さん=同(47)=が犠牲になった。情報提供は、八王子署捜査本部(042・621・0110)まで。

会員限定記事会員サービス詳細