「ファントム需要」でサプライチェーンが混乱、米国の小売業者は“過剰在庫”に陥っている

サプライチェーンの混乱によって在庫不足が騒がれていたが、今度は小売業者が過剰在庫を抱えているという。物流の混乱に加えて消費者の購買動向を先読みできない状況が悪化したのは、専門家が「ファントム需要」と呼ぶ現象が背景にある。

商品が枯渇したあとには、“洪水”がやってきた──。この2年にわたって、世界が供給不足に苦しんできたコロナ禍。在庫を抑えるジャストインタイム方式で回してきた小売業者は商品の出荷に奔走し、電子機器メーカーは半導体不足を目の当たりにし、スーパーは店舗の棚を商品で埋めるのに苦労している。

そしていま、一部の小売業者は正反対の問題に直面している。誰も欲しがらない商品を大量に抱え込んでしまったのだ。ブルームバーグの報道によると、米国の大手小売業者の一部が抱える余剰在庫は450億ドル(約6億円)相当にもなり、前年同期から26%増となっている。

これは小売業者が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)当初に起きた品不足を避けようと奔走し、世界が活動を再開したあとに起きる消費財への支出の鈍化を見通せなかった結果だ。こうして大手家電量販のターゲットやアパレル大手のギャップ、小売り大手のウォルマートなどは、在庫削減と損失回避のため大幅な値下げに踏み切っている。

小売業者の多くは、アマゾンが今年の第1四半期に直面した課題と同じものを抱えている。コロナ禍の到来に不意をつかれ、現実にはまだ起きていない需要増に備えて動いたのだ。

アマゾンの場合は、結果として多くの空き倉庫を抱えるに至った。これに対して、ほかの小売店が抱える問題は逆である。商品が多すぎて、在庫を置く場所も売る場所も足りなくなっているのだ。

コストコは昨年のクリスマス商戦用に入荷が間に合わなかった商品を抱えており、今シーズンに販売する予定だ。しかし、ロックダウン期間に需要の高かった大画面テレビを含め、ほかの商品については値崩れが見込まれる。また、パンデミックの初期にメディアがこぞって取り上げた在宅勤務向けの部屋着やパジャマ、ロックダウン期間にもてはやされたカジュアルウェアは、かなり値下げされそうだ。

需要の急激な変動に「お手上げ」状態に

「発端はパンデミックです」と、オハイオ州のマイアミ大学の教授でサプライチェーンマネジメントを研究するリサ・エルラムは語る。「小売各社はお手上げでした」

米国の小売業界の売上高は20年3月に9%減となり、4月には15%減っている。ところが、6月には小売業の取引規模はコロナ禍以前の水準に回復し、以後は増加を続けている。「状況が速いペースで回復して、小売業は需要に応えられませんでした。その前にいったんみんながモノを買わなくなっていたところへ、突然また購入意欲が湧いてきたからです」と、エルラムは説明する。「こうした慣れない予測外の需要の変化が起きて、多くの事業者が不意を突かれたのです」

こうした需要の移り変わりは、サプライチェーンに生じた近年で最悪レベルの混乱と同時に発生した。「購買力はあっても、普段から使うサービスの類は軒並み利用できない状態だったので、人々はモノを買ったわけです」と、輸送コンテナに関する著書のあるマルク・レヴィソンは説明する。

会員限定記事会員サービス詳細