米が370億円追加支援 自爆型ドローン580機も

カービー戦略広報調整官(AP=共同)
カービー戦略広報調整官(AP=共同)

バイデン米政権は22日、ロシアが侵攻したウクライナに対する2億7000万ドル(約370億円)規模の追加軍事支援を発表した。4基の高機動ロケット砲システム「ハイマース」のほか、最大580機の自爆型無人機「フェニックスゴースト」の供与を含む。

国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は22日のオンライン記者会見で、米国や欧州諸国が検討しているウクライナへの欧米製戦闘機の提供については「国防総省が予備的な調査をしている」と指摘した一方で「すぐに実現するものではない」とした。

今回の追加支援はハイマースやフェニックスゴーストのほか、3万6000発の砲弾や予備部品、装備品など。戦場で効果を発揮し、ロシア側に打撃を与えているとされるハイマースの供与は今回を含めて計16基となった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細