毎日新聞ヘリから窓落下 福岡上空、被害情報なし

毎日新聞西部本社(北九州市)は22日、福岡県みやま市上空を飛行中のヘリコプターから、操縦席側のアクリル製の窓1枚が落下したと明らかにした。人的・物的被害の情報は入っていないとしている。県警などに届け、発見を急いでいる。

同社によると、窓は台形状で、上辺約31センチ、底辺約47センチ、高さ約24センチ、重さ約380グラム。午後4時25分ごろ、上空約600メートル付近を飛行中、操縦士が落下に気付いた。窓枠の劣化が原因とみられるという。

ヘリには社員4人が搭乗。長崎県島原市であった中学生を対象にした硬式野球大会の式典参加のため、午後4時ごろ、北九州空港を離陸。午後5時25分ごろ戻った。

同社代表室は「ご迷惑をおかけし、おわび申し上げる。今後、ヘリの点検を徹底し、安全運航に努める」とのコメントを出した。

会員限定記事会員サービス詳細