「国葬反対」「世論聞け」 閣議決定に官邸前で抗議

安倍元首相の国葬に反対する人たちの集会に参加した社民党の福島党首(中央)=22日午前、首相官邸前
安倍元首相の国葬に反対する人たちの集会に参加した社民党の福島党首(中央)=22日午前、首相官邸前

政府が安倍晋三元首相の国葬実施を閣議決定したことに対し、市民団体のメンバーらが22日、東京・永田町の首相官邸前に集まり「国葬反対」「反対世論の声を聞け」と抗議の声を上げた。

雨が降る中、数百人が周辺の歩道に立ち「閣議決定、絶対反対」「安倍政治を美化するな」とシュプレヒコールを繰り返し拳を突き上げた。

マイクを握り意見を表明した人からは「国会でしっかり議論してから行うべきだ。弔意を事実上強制することになり、憲法違反だ」「岸田文雄首相は政権維持のために政治利用している」などの訴えがあった。

社民党の福島瑞穂党首も駆け付け「何でも閣議決定でやれると思ったら大間違い。法的根拠がない。憲法が保障する思想良心の自由に明確に反する」と語ると、拍手が湧き起こった。

東京都墨田区の女性(73)は「憲法を重視せず国会を無視した安倍政治を岸田政権も踏襲するのか。法に則して日本を動かすべきだ」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細