石川忠久氏が死去 元号候補「万和」の考案者

石川忠久氏
石川忠久氏

二松学舎大元学長で中国古典の専門家、石川忠久(いしかわ・ただひさ)氏が12日、心不全のため死去した。90歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。喪主は妻、富貴代(ふきよ)さん。

「平成」に代わる新元号の考案を政府から委嘱された学者の1人。提案した「万和(ばんな)」は、「令和」などとともに最終候補の6案に残った。

漢詩の研究や普及に努め、全日本漢詩連盟を設立。NHKのラジオやテレビの漢詩番組にも出演した。著書に「漢詩への招待」など。

会員限定記事会員サービス詳細