現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

包括的な「健康」危機管理庁を 日本医科大学特任教授・松本尚

日本医科大学特任教授・松本尚氏
日本医科大学特任教授・松本尚氏

政府は6月17日、感染症対応の司令塔機能を担う「内閣感染症危機管理庁」を創設することを決定した。これに先立ち、新型コロナウイルス感染症対応に関する有識者会議において指摘されたのが国の指揮命令系統の不備である。

責任者の姿見え情報一元化

この2年半のコロナ対策では司令塔がどこにあって、誰が実質的な責任者であるのか、リスクコミュニケーションを含めた国民への情報発信はどこの誰が行うべきなのか―役割が判然としないため国民は無用の動揺や風評に振り回されたと言ってよい。ここでは国家全体の危機管理体制を考えていくための基本的な考え方と、特に国民の健康危機に対応するための組織の在り方に言及しておきたい。

ランキング

  1. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  2. 【論説委員 日曜に書く】川瀬弘至 こんな文章 読みたくない

  3. 【浪速風】習政権のオウンゴール

  4. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  5. 【主張】安倍元首相銃撃 テロ事件の肯定を許すな

  6. 【田村秀男の経済正解】成長できなくなった中国

  7. 【産経抄】8月7日

  8. 【iRONNA発】朝日だけじゃない! 「反日地方紙」の正体

  9. 【産経抄】8月6日

  10. 【湯浅博の世界読解】中国衰退の足音が聞こえる

会員限定記事