現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

7月21日

一昨日の朝、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手(27)が競技を退き、プロに転向するとの一報が職場に流れると、近くのデスクから素っ頓狂な声が上がった。「オリンピックには出るんだろう。プロ野球選手も出てたし」

▼身内の恥をさらしてしまった。フィギュアスケートの場合、五輪や世界選手権で活躍しているのは、スケート連盟に選手登録しているアマチュアである。プロになると大半の競技会には出場できない。

▼羽生選手は今後、五輪2連覇という大きな勲章を引っ提げて、アイスショーを中心に活動することになりそうだ。もともとフィギュアスケートは、技の難易度や完成度だけでなく表現力も採点対象となる、芸術的な側面を持つ。

ランキング

  1. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  2. 【論説委員 日曜に書く】川瀬弘至 こんな文章 読みたくない

  3. 【浪速風】習政権のオウンゴール

  4. 【田村秀男の経済正解】成長できなくなった中国

  5. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  6. 【主張】安倍元首相銃撃 テロ事件の肯定を許すな

  7. 【産経抄】8月7日

  8. 【湯浅博の世界読解】中国衰退の足音が聞こえる

  9. 【主張】ASEANと中国 台湾有事は地域の脅威だ

  10. 【産経抄】8月6日

会員限定記事