新型コロナの抗ウイルス薬、BA・5に効果

ドイツで生産されている米ファイザーの新型コロナウイルス感染症の飲み薬「パキロビッド」(ファイザー提供、ロイター=共同)
ドイツで生産されている米ファイザーの新型コロナウイルス感染症の飲み薬「パキロビッド」(ファイザー提供、ロイター=共同)

新型コロナウイルスのオミクロン株の派生型で、国内外で広がり問題となっている「BA・5」に対し、日本で使われている3種類の抗ウイルス薬は効果が見込めるとの細胞実験結果を、東京大医科学研究所の河岡義裕特任教授(ウイルス学)らのチームが21日、米医学誌に発表した。

3種類は飲み薬の「パキロビッド」「モルヌピラビル」、点滴薬の「レムデシビル」。チームは、さまざまな薬をBA・5やBA・4などに感染させたサルの培養細胞に投与し、三つの薬がウイルスの増殖を抑えることを確認した。

一方、抗体薬の「ソトロビマブ」と「ロナプリーブ」は、過去に流行したウイルスに対してよりも薬の効果が弱まっていた。英アストラゼネカが開発し、日本で承認申請中の抗体薬も効果が下がった。

会員限定記事会員サービス詳細