見延が日本勢エペ初の銀メダル 世界フェンシング第5日

フェンシングの世界選手権第5日は19日、カイロで行われ、男子エペ個人で元世界ランキング1位の見延和靖(ネクサス)が銀メダルを獲得した。日本協会によると、エペで日本勢の表彰台は初めて。

昨夏の東京五輪で団体金メダルを獲得した35歳の見延は3回戦で山田優(山一商事)、準々決勝で加納虹輝(JAL)との日本勢対決を制した。準決勝もウクライナ選手に勝ったが、決勝は東京五輪金メダルのロマン・カノヌ(フランス)に12―15で敗れた。

女子フルーレ個人は、東京五輪代表の上野優佳(中大)東晟良(PEAKS)が準々決勝で敗れた。

■見延和靖の話「日本人対決の接戦を勝ち抜き、誰が取ってもおかしくないメダルだったと思う。だからこそ、最後まで勝ち切ることができず、日本の強さを証明できなかったことが非常に悔しい。この悔しさをかみしめ、団体戦ではチーム一丸となって金メダルを勝ち取りたい」(共同)

会員限定記事会員サービス詳細