文科省汚職、元局長ら4人に有罪判決 東京地裁、無罪主張退ける

東京地裁に入る文部科学省元科学技術・学術政策局長の佐野太被告(中央)=20日午後1時5分、東京都千代田区(代表撮影)
東京地裁に入る文部科学省元科学技術・学術政策局長の佐野太被告(中央)=20日午後1時5分、東京都千代田区(代表撮影)

私立大支援事業で便宜を図る見返りに自分の次男を東京医科大に合格させてもらったとして受託収賄罪に問われた元文部科学省科学技術・学術政策局長、佐野太被告(62)に対し、東京地裁は20日、懲役2年6月、執行猶予5年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。大学関係者など残る3人についても執行猶予付きの有罪判決とした。

贈賄罪に問われた東京医科大前理事長の臼井正彦被告(81)は懲役1年6月、執行猶予4年(同1年6月)、前学長の鈴木衛被告(73)は懲役1年、執行猶予2年(同1年)。受託収賄幇助(ほうじょ)罪などに問われた元医療コンサルティング会社役員、谷口浩司被告(51)は懲役2年、執行猶予5年(同2年)。

4人はいずれも無罪を主張しており、佐野被告が次男の入試で加点されることを認識した上で、医大側の依頼に応じたかどうかが争点だった。

西野吾一裁判長は、佐野被告と臼井被告らが会食した際の会話が録音された音声データなどに基づき、加点などの優遇が見返りになるとの共通認識が2人の間にあったと認定。加点には「謝礼の趣旨が含まれていた」とした上で「相当強い非難を免れない」などと指弾した。

判決によると、佐野被告は大臣官房長だった平成29年5月、臼井被告から「私立大学研究ブランディング事業」の対象校に選ばれるよう助言を依頼され、見返りに次男を合格させてもらった。

鈴木被告は臼井被告と共謀し次男を合格させ、谷口被告は佐野、臼井両被告の会食の場を設けるなどしたほか、今回の事件と別に元文科省国際統括官=収賄罪で有罪確定=を飲食接待するなどした。

会員限定記事会員サービス詳細