トップは語る

NTTドコモ社長井伊基之さん(63) 高齢者にスマホ決済の便利さ伝えたい

インタビューに応じるNTTドコモの井伊基之社長=6月8日、東京都千代田区(関勝行撮影)
インタビューに応じるNTTドコモの井伊基之社長=6月8日、東京都千代田区(関勝行撮影)

--ドコモショップ改革の方向性は

「オンライン専用の通信プランが出てきたことやスマートフォンの買い替え周期が伸びたことで来店客数が3割減少している。令和7年度までの4年間で全体の3割に当たる700店を減らす。ただスタッフの数は減らさない。スタッフには、端末や料金だけでなく各サービスの相談を受けてもらう」

--ドコモの顧客は高齢者が多く従来型携帯電話の利用者が多い印象だ。スマホ移行をどう進めるか

「d払い、キャッシュレス決済の便利さを伝えられていない。年代に関係なく便利な決済を70代以上に使ってもらいたい。ドラッグストアなど、高齢者の生活に密着した小売店のセールとタイアップした決済キャンペーンを準備でき次第やりたい」

--総務省がスマホの転売問題対策を求めている

「通信契約とセットではないスマホの販売は割引制限がないので新品が0円で買える。新品が中古より安くなる販売の仕方を公正取引委員会などが主導して制限する仕組みを作る必要がある。携帯会社だけで転売問題を解決できない」

--楽天が0円からの料金プランを廃止する方針だ。楽天を解約した顧客の獲得を狙うか

「(安さを求める)そういう顧客は(ドコモを愛用する)ロイヤルカスタマーにはならない。法人事業、個人事業、(生活関連の)スマートライフ事業の総合で考えている。契約数シェアがトップでも収益や利益が下では意味がない」(大坪玲央)

いい・もとゆき 慶大院修了。昭和58年4月日本電信電話公社(現NTT)入社。平成23年6月NTT東日本取締役、28年同社副社長、令和元年6月NTT副社長などを経て、2年12月より現職。東京都出身。

会員限定記事会員サービス詳細