偽レクサス部品所持疑い ネットオークション出品か 男逮捕 愛知県警

愛知県警本部=名古屋市
愛知県警本部=名古屋市

愛知県警は19日、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」などのロゴが入った偽のブレーキ部品を販売目的で所持したとして、商標法違反の疑いで、東京都八王子市北野台、会社員、鈴木康生容疑者(51)を現行犯逮捕した。県警によると昨年10月ごろから約100回、偽の部品をネットオークションサイトに出品し、計約200万円の売り上げがあったとみられる。

県警によると、「他の人もやっているからいいだろうと思った」と容疑を認めている。

逮捕容疑は19日、自宅で、レクサスと、トヨタカスタマイジング&ディベロップメント(横浜市)の「TRD」の商標に類似したブレーキキャリパー6個を販売目的で所持し、商標権を侵害したとしている。

会員限定記事会員サービス詳細