現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

音声で聴く 神田蘭の言いたい放題

「日本は大丈夫か」講談界のヒロインが世相を斬る

講談師の神田蘭さん(矢島康弘撮影)
講談師の神田蘭さん(矢島康弘撮影)

「夜寝るとき、戦慄することがあるんですよ。3年後、5年後、平和ボケの日本は大丈夫か。私、生きてるのかなと…」。講談界のニューヒロイン、神田蘭さんはそう話しました。

歴史上の人物を取り上げる「音声で聴く 神田蘭の5分で恋する日本史列伝」シリーズの特別編として、取り上げた人物の生き方を通して今の世相を斬る「神田蘭の言いたい放題」をお届けします。

「後藤新平の実行力が現代にほしい」「聖徳太子は中国に毅然(きぜん)としていた」「和気清麻呂(わけのきよまろ)は忖度(そんたく)せず正義を貫徹」「北条政子から今の女性が学ぶこと」の4本です。

後藤新平の実行力が現代にほしい(登録なしでお聴きいただけます)
聖徳太子は中国に毅然としていた

ランキング

  1. 【音声で聴く 教えて!石平先生】Q=共産党大会の注目点は? A=覆された人事慣例 戦時布陣に

  2. 【音声で聴く スポーツ、ここが知りたい】サッカーライター・賀川浩さん  97歳の生き字引が語るW杯の魅力

会員限定記事