坑道で2人死亡、酸欠か 埼玉・秩父、SNS仲間

埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

埼玉県秩父市中津川の坑道で17日、男性2人が倒れているのが見つかり、病院に搬送されたがいずれも死亡が確認された。秩父署によると、見つかった付近の酸素濃度はほぼゼロで、酸欠で窒息した可能性がある。2人は30~40代とみられ、交流サイト(SNS)で知り合った男性ら計4人で坑道に入っていた。

4人はグループに分かれて行動していたが、2人の戻りが遅いために50代男性が捜しに行ったところ、坑道の入り口から200~300メートルの場所に1人が倒れていた。午前11時過ぎに消防に通報し、もう1人も内部で見つかった。

署は坑道が立ち入り禁止の区域だったかどうかや、4人の目的などを調べている。

坑道は、秩父鉄道三峰口駅から西に10キロ以上離れた場所にある。

会員限定記事会員サービス詳細