サニブラウン日本人初決勝 7位入賞、90年ぶり快挙

男子100メートル決勝 7位でゴールするサニブラウン・ハキーム(右)=ユージン(代表撮影・共同)
男子100メートル決勝 7位でゴールするサニブラウン・ハキーム(右)=ユージン(代表撮影・共同)

陸上男子のサニブラウン・ハキーム(23)=タンブルウィードTC=が16日、米オレゴン州ユージンで行われた世界選手権の100メートルで日本勢初の決勝に進み、10秒06で7位入賞した。花形種目での決勝進出は、五輪を含めると1932年ロサンゼルス五輪6位の吉岡隆徳以来90年ぶりで、2人目の快挙。

準決勝でサニブラウンは10秒05の1組3着となり、自動的に決勝に進める2着以内は逃したが、タイムで拾われた。

サニブラウンは4度目の世界選手権出場。15日の予選は自身3度目の9秒台となる9秒98で走っていた。2017年大会の200メートルでは同種目の史上最年少で決勝進出して7位となっている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細