“裏方”のJENESISがなぜ「aiwa」ブランドのスマホを出すのか 日本市場での勝算は…

JENESISが、aiwaのブランドライセンスを取得。aiwaデジタルとして、スマートフォン、タブレット、PC、スマートウォッチを発売する
JENESISが、aiwaのブランドライセンスを取得。aiwaデジタルとして、スマートフォン、タブレット、PC、スマートウォッチを発売する

中国・深センに生産拠点を構え、デジタル機器の受託開発を主要事業に据えるJENESISが、アイワからライセンスを取得。aiwaブランドを冠したスマートフォン、タブレット、スマートウォッチを8月に発売する。ライセンスはスマートフォンなどのデジタル機器に特化したもの。スマートフォンとスマートウォッチは1機種ずつ、タブレットはWindows PCを含めた計4機種を用意する。

一般のユーザーにはなじみが薄いかもしれないが、JENESISは翻訳機として大ヒットを記録した「POCKETALK」の開発などで知られる。“世界の工場”と呼ばれる深センに拠点を持つことを強みに、これまでもさまざまな製品の開発を裏方として支えてきた。一方のaiwaは、ソニー傘下の企業としてコストパフォーマンスに優れたオーディオ製品などを展開してきたが、業績不振から2002年にはソニーに吸収され、2008年にブランドを終了。9年後に十和田オーディオが商標権を取得し、オーディオ機器を展開している。

スマートフォンやタブレットが成熟期を迎える中、なぜJENESISはaiwaブランドを引っ提げ、表舞台に立とうとしているのか。同社の代表取締役社長CEOを務める藤岡淳一氏に、その経緯や今後の構想などを聞いた。

JENESISはなぜ自社製品の販売に踏み切るのか

aiwaは、40代以上の読者にとってなじみの深いブランドだろう。かく言う筆者も、子どもの頃に使っていたラジカセがaiwaだった記憶がかすかに残っている。ソニー傘下のメーカーとして、コストパフォーマンスの高い製品を世に送り出していた印象が強い。今ではすっかりおなじみになったサブブランドだが、そのはしりのような位置付けだったとも言えそうだ。そんなaiwaブランドを冠したスマートフォンやタブレットなどの新製品が、8月に登場する。

手掛けるのは、受託開発を主に行ってきたJENESISだ。同社は、開発から試作、量産、量産やサポートを一手に手掛けるEMS(電子機器製造受託サービス)として有名な企業。裏方に徹しているため一般のユーザーがその名を目にする機会は少ないかもしれないが、ソースネクストから分社化したポケトーク社のPOCKETALKや、ソースネクストのAutoMemoシリーズ、JapanTaxiに搭載されているJapanTaxiタブレットなど、同社が開発を担った有名な製品は多い。

JENESISのWebサイトには、同社が手掛けてきた数多くのヒット商品が掲載されている
JENESISのWebサイトには、同社が手掛けてきた数多くのヒット商品が掲載されている

かつては、「geanee」というブランドで、イオンから発売される低価格なスマートフォンも製造していた。スタートアップや流通業のモノ作りを支える企業として、業界では、その名を知らない人がないほどだ。そんなJENESISがaiwaブランドのラインセンスを取得し、スマートフォンやタブレット、スマートウォッチといった一般ユーザー向けの製品を展開してく理由はどこにあるのか。JENESISの藤岡氏は、JENESISが当初からコンシューマーへの展開も視野に入れていたことを明かす。

「創業して10数年たちましたが、最初のころはコンシューマー向けも少しやっていました。ただ、その頃もちょうど80円ぐらいの為替が一気に100円以上に上がってしまう円安で、駆け出しのベンチャーは体力もなく、経営が大変になってしまっていた。当時はIoTという言葉もなかったころだが、いったんEMSからODMという形で仕切り直し、黒子としていろいろなメーカーの製品をやらせていただくことにした」

会員限定記事会員サービス詳細