乗れば乗るほど好きになる、最新にして最良のポロ! 新型フォルクスワーゲン ポロTSI R-Line試乗記

ビッグマイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲンの新しい「ポロ TSI R-LIne」に小川フミオが試乗した。

走りがイイ!

楽しいコンパクトカーとはなにか?と、訊かれたらフォルクスワーゲン「ポロ」を推したい。とりわけ欧州車のなかでも、しっかりした足まわりとクオリティの高い作りが特徴だ。

そんなポロのエクステリアが刷新され、かつ新しいエンジンを搭載し、2022年6月23日に日本で発売された。乗れば乗るほど好きになれるクルマだった。

フォルクスワーゲンジャパンが導入した新しいポロは、2019年に日本で発売された6世代目のビッグマイナーチェンジモデルだ。とはいえ、ゴルフ由来の1.0リッター・エンジンや、グッと質感の増したボディなど、みるべきところは多い。

じっさいに「ポロTSI R-Line」というちょっとスポーティな仕立てのモデルに乗ってみた。70kW(95ps)の最高出力と175Nmの最大トルクをもつ999cc直列3気筒ガソリンターボ・エンジンに、7段ツインクラッチ変速機(7DSG)の組み合わせ。箱根のワインディングロードをドライブすると、走りがイイ!と、実感した。

1600rpmから最大トルクが発生する設定で、Dレンジに入れっぱなしでもあらゆるシーンで、想像以上の力強さを体感出来る。真価を発揮するのは、カーブが連続する下りだ。シャキッとした操舵感覚と、ロールの少ないボディの動き。専用のサスペンションシステムをもったR-lineは、走りを楽しめる。

速度があがっても、コントロール性は高く、ハイスピードでもしっかりクルマがついてきてくれる。ボディはみしりともいわない剛性感で、基本性能の高さに感心させられた。電子制御ディファレンシャルロック機構や、215/45のプロファイルをもつ17インチタイヤもR-Line専用だ。

足まわりはよくしつけられている。すでに書いたように、コーナリング時の操縦安定性の高さにくわえ、巡航時などのフラット感もたいへんよいのだ。スポーツカーではないので、ステアリング・ホイールのダイレクト感などはいまひとつかもしれない。でもドライバーとクルマの一体感はしっかり感じられる。

キラリと光る実用性の高さ

4085mmの全長をもつ5ドア・ハッチバックのボディに、2550mmのホイールベース。ゴルフが全長4295mm、ホイールベース2620mmなので、ポロはひとまわり小さい。ゴルフも悪くないサイズ感であるが、日本の市街地に限るとポロはゴルフ以上に使いやすいサイズといっていい。それもよい点だ。

ゴルフはやや大きいぶん、999ccエンジンにも48ボルトを使ったマイルドハイブリッドシステムを搭載。発進時などには電気モーターの力を借りる。ポロのエンジンは基本的におなじだけれど、モーターは装備されない。

会員限定記事会員サービス詳細