米報告書、ミャンマーの市民弾圧「ジェノサイド」明記

米国務省は15日、集団殺害や残虐行為の防止に関する年次議会報告書を発表し、ウクライナに侵攻したロシア軍が戦争犯罪を行っていると非難した。また、ミャンマー軍事政権の市民弾圧が「ジェノサイド(集団殺害)」に当たると明記した。

バイデン大統領は4月にロシアのプーチン大統領がジェノサイドを行っていると述べたが、米政府としては正式に認めておらず、今回の報告書でも認定は見送られた。裏付けるための証拠集めを続けているとみられる。

報告書は、露軍が投降しようとしたウクライナ人の手を縛るなどして処刑・拷問し、市民を強制移住させたり、性的暴行を加えたりしているとの報告があると指摘した。シャーマン国務副長官は「今この瞬間にもプーチンの戦争によって学校や病院、穀物庫が破壊され、新たな残虐行為が行われている」と演説した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細