仮想空間でも戦闘訓練、米軍が「独自のメタバース」を構築している

メタバースに注目しているのはテック業界だけではない。米軍は軍事関連企業などとタッグを組んで独自のメタバースを構築し、VRやAR、AIを用いた対戦訓練や戦闘シミュレーションにまで活用を進めている。

米軍の2名の戦闘機のパイロットが高高度における実験的なメタバースを体験したのは、2022年5月10日のことである。カリフォルニアにある砂漠地帯の数千フィート(約1km)上空を飛行する2機のジェット機「Berkut 540」を操縦していたパイロットたちは、このとき独自の拡張現実(AR)ヘッドセットを装着していた。

このヘッドセットは現実世界の映像に、幽霊のように光りながら上空で並行して飛ぶ給油機の画像を重ね合わせるシステムと接続されている。実験ではひとりのパイロットが見守るなか、もうひとりが仮想の給油機から給油する手順を実行したのだ。これこそ、生まれたばかりの軍事メタバースの世界である。

メタバースの熱狂にとらわれているのは、シリコンバレーだけではない。テック企業が仮想世界における戦略の立案に奔走しているように、多くの防衛関連のスタートアップや軍事関連企業、そして投資家たちも、その定義や実用性が必ずしも明確ではなくてもメタバースの話題を頻繁にするようになったのだ。

メタバースに必要な主要技術であるARや仮想現実(VR)、ヘッドマウントディスプレイ、3Dシミュレーション、人工知能(AI)による仮想環境の構築は、すでに防衛の世界には存在している。これらはメタ・プラットフォームズ(旧社名はフェイスブック)の最高経営責任者(CEO)のマーク・ザッカーバーグが思い描く仮想世界ほどは洗練されておらず、かわいらしくも広大でもない。

だが、その点が重要でもある。そしてメタバースに関連するこれらの技術は、たとえ民間で普及しなかったとしても防衛産業では大きく発展する可能性があるのだ。

軍事版のメタバースへようこそ

AR、AI、ビデオゲームのグラフィックスの技術を組み合わせることで、例えば戦闘機のパイロットは数Gの加速度がかかる状態で、中国やロシアの戦闘機といった仮想の敵と空中戦で戦う練習ができるようになった。

従来のフライトシミュレーターよりはるかに現実的なテストでパイロットの実力を測れると、この技術を開発したAR企業のRed 6は説明している。「どんな敵とも戦えます」と、Red 6の創業者で最高経営責任者(CEO)のダニエル・ロビンソンは語る。「敵は個人による遠隔操作か、AIによる操作が可能です」

会員限定記事会員サービス詳細