河合塾×産経セミナーただいま配信中 英語・森千紘講師

英語の森千紘講師
英語の森千紘講師

この時期の高校1、2年生からよく質問される、勉強しても点が伸びない▽暗記ができない▽リスニングをどう勉強すればいいか-の3点について話したい。

勉強が点数に結び付かない課題で、今年の浪人生の話やデータから気づいたのは、共通テストの成績はいいのに記述の成績が良くない生徒が多いこと。問題文をなんとなくは読める、つまりなんとなくしか読めていないため書けない、まとめられないということだ。

現在の高2生は新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出され、(オンライン授業の)映像を早送りして見て、身についていない可能性もある。高1、2生は英文を日本語に訳し、しっかりノートに書いて正確に理解することに集中してほしい。

暗記できないという課題について。語学は基本が暗記だ。英語は音と文字がずれるので、中学英語はしっかり書いて覚えたい。高校で習う英語は単語が5千語にもなるため、声に出して覚えてほしい。英語を見て日本語を言えるように意識してもらいたい。

リスニングは音を知る、何度も聞いて慣れるという2つがポイントだ。例えば「How do you want your coffee?」は「ハジュワンチュオカーフィー」となる。こういう音の変化を知らないと何度聞いても分からない。聞いているうちに前の内容を忘れることがあるが、問題を解いて答え合わせし、次に元の英文を読んで分からないところがないか調べる必要がある。

第1段落を英文を見ながら聞いて次に見ないで聞く。次に第1、2段落を英文を見ながら聞いた後に見ないで聞く、を繰り返すことで徐々に長く聞けるようになる。

オンラインセミナー「河合塾講師がアドバイス 高1高2生へ。夏休みの勉強どうする?」は「YouTube」産経チャンネルで配信中。

視聴はこちら(https://www.youtube.com/watch?v=9Yn7OS552xo

講演要約資料はこちら(https://www.sankei.com/special/pdf/webinar/resume_englishcourse.pdf

入試情報パート:教育研究開発本部主席研究員・近藤治氏 大学入試を徹底分析

数学パート:上高原亮講師 数学の学習は「質→量→質」だ

お知らせ

お知らせのニュースをもっと見る