「紛失」と発表の実弾「あった」 奈良県警、窃盗疑われた署員は鬱病に

奈良県警本部=奈良市
奈良県警本部=奈良市

奈良県警は15日、1月に「紛失した」と発表していた拳銃の実弾5発が、実際にはなくなっていなかったと明らかにした。県警は紛失したと誤認し、実弾を盗んだ疑いがあるとして奈良西署の男性署員を捜査。署員は無実を主張したが、犯人と決め付けられて自白を要求されたと主張し、鬱病を発症して休職している。

県警は1月7日、同署の拳銃庫で保管していた実弾5発を紛失したと発表。2~3月にかけて署員を取り調べるなどしたが、その後の内部調査で紛失が勘違いだったことが判明した。

署員の弁護士などによると、取り調べでは刑事が「おまえがやったのは確定してんねんから」「いろんな罪を掘り下げて何度でも逮捕する」などと自白を要求。県警は窃盗容疑で自宅の家宅捜索も行った。

「ずさん管理で紛失と誤認」 犯人扱い署員に謝罪

会員限定記事会員サービス詳細