フォト特集

大谷、最多タイ9勝目 野茂以来の4連続2桁三振

アストロズ戦の6回、マティジェビッチを見逃し三振に仕留めガッツポーズするエンゼルス・大谷=アナハイム(AP)
アストロズ戦の6回、マティジェビッチを見逃し三振に仕留めガッツポーズするエンゼルス・大谷=アナハイム(AP)

米大リーグは13日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのアストロズ戦に「1番・投手兼指名打者」で先発し、4試合連続2桁となる12三振を奪うなど6回4安打1失点で、昨季の自己最多に並ぶ9勝目(4敗)を挙げた。日本選手で4戦連続2桁三振は1995年の野茂(ドジャース)以来2人目。打者では二回に2点三塁打を放つなど4打数2安打。チームは7―1で勝ち、連敗を5で止めた。

大谷は次の勝利で1918年のベーブ・ルース以来の「2桁勝利、2桁本塁打」を達成する。(共同)

ギャラリーページで見る


会員限定記事会員サービス詳細