直球&曲球

宮嶋茂樹 民主主義の根幹で示された民意

参院選の比例代表で当選を確実とし、支援者の前であいさつする立憲民主党の辻元清美氏=10日、大阪府高槻市(五十嵐一撮影)
参院選の比例代表で当選を確実とし、支援者の前であいさつする立憲民主党の辻元清美氏=10日、大阪府高槻市(五十嵐一撮影)

予想通りとはいえ参院選は与党の圧勝に終わった。「改憲勢力」も3分の2を大幅に上回った…って、公明党は憲法改正に慎重やったんとちゃうの? 岸田文雄首相も、もう公明党の顔色うかがう必要はないんやから今からでもすぐに改憲へ突き進んだらエエんや。

しかし…アイツら、しぶといのう。あっ、このたびは当選おめでとうございます。レンホー、ツジモト、フクシマの参院女性議員三羽ガラスのセンセイ方。ツジモトセンセイは衆院選落選から1年足らずでまた赤じゅうたん踏めるやん。こんな〝大物〟、比例名簿に割り込ませられた他のリッケンのセンセイ方は泣いとるで。フクシマセンセイも党で自分1人だけ当選でけて、党の消滅、免れて、とにかくよかったやん。

それにしてもたいしたもんやで、国会議員のセンセイ方らは。安倍晋三元首相のあんな悲惨な最期を知るや、「最も激論を交わしたパートナー」やの「あらゆる暴力にハンタイする」やのとコイときながら。いったん当選してもうたら安倍元首相の悲願やった憲法改正にはやっぱり「ハンタイ」ってか? 「テロは民主主義への挑戦」やて? ほしたら民主主義の根幹をなす選挙で大敗して、なおかつ憲法改正に「ハンタイ」し続けるオンドレらの存在は何や?

憲法改正をその目で見ることもなく凶弾に倒れた安倍元首相に「ヤメロ」やの「死ね」やのヘイトしまくっとった反日活動家や自称・市民団体の皆サマを後ろからあおっとったんは、今回めでたくも当選されたセンセイ方やったんとちゃうの?

検察が何度も調べて、「違法性がない」と判断されたことにも、「疑惑は深まるばかり」などと執拗(しつよう)に安倍元首相にインネンつけとったやん。プロ市民らもヤジ飛ばしとんやん。

岸田首相も選挙結果が「安倍元首相の弔い合戦」におうところが大きかったのは否定でけんやろ。「安倍元首相の遺志を継ぐ」と政治家がいったん口にしたんや。元首相の無念の死すら自らの売名行為に利用した野党のハンタイ・センセイ方なんぞ、脇目もふらずに一日も早い憲法改正を実現させてもらいたい。

【プロフィル】宮嶋茂樹

みやじま・しげき カメラマン。昭和36年、兵庫県出身。日大芸術学部卒。写真週刊誌を経てフリーに。東京拘置所収監中の麻原彰晃元死刑囚や、北朝鮮の金正日総書記(当時)をとらえたスクープ写真を連発。写真集に『鳩と桜 防衛大学校の日々』。

会員限定記事会員サービス詳細