尹大統領、ソウルで安倍氏弔問

ソウルの日本大使館に設けられた弔問所で、安倍晋三元首相の写真を前に記帳する韓国の尹錫悦大統領(韓国大統領府提供=AP)
ソウルの日本大使館に設けられた弔問所で、安倍晋三元首相の写真を前に記帳する韓国の尹錫悦大統領(韓国大統領府提供=AP)

【ソウル=時吉達也】韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は12日、安倍晋三元首相の死去を受けて設けられたソウルの日本大使館施設の弔問所を訪れ、哀悼の意を表した。

尹氏は「アジアの繁栄と発展のために献身された故安倍晋三元首相の冥福を祈る」と記帳。「遺族と日本国民にも深い慰めの意を表する」とし、「最も近い隣人である韓国と日本が今後緊密に協力していくことを願う」と結んだ。

11日に設けられた弔問所には尹氏のほか、朴振(パク・チン)外相や韓悳洙(ハン・ドクス)首相、与野党幹部らが次々に訪れた。尹政権は日本政府と自民党の合同葬の日程に合わせ、韓氏や与党重鎮議員らを弔問使節団として日本に派遣する方針。

会員限定記事会員サービス詳細