首相「民主主義守り抜く」 日米首脳が電話会談

報道陣の取材に応じる岸田首相=9日午前、首相公邸
報道陣の取材に応じる岸田首相=9日午前、首相公邸

岸田文雄首相は9日午前、バイデン米大統領と電話会談を行った。バイデン氏は自民党の安倍晋三元首相が街頭演説中に銃撃され、死亡した事件を受け、首相に弔意を伝達。安倍氏が国際社会をリードし、日米関係の深化に貢献したことに言及したうえで「私はフミオと日本国民とともにある」と述べた。会談後、首相が公邸で記者団に明らかにした。

首相は弔意に謝意を示し、「民主主義の根幹である選挙が行われている中で起きた卑劣な蛮行は断じて許すことはできない。現職の首相として暴力に屈せず、民主主義を守り抜く」との考えを伝えた。

第2次安倍政権下で、日米は「かつてないほど強固」と言われる緊密な関係を構築した。バイデン氏からは安倍氏の外交での功績をたたえる言葉もあったという。首相は「安倍氏は日米同盟を新たな高みへと導いた。安倍氏の遺志を継ぎ、日米同盟のさらなる強化に努めていく、そうした思いも新たにした」と語った。

首相周辺によると、首相は9日、東京都内にある安倍氏の自宅に弔問に訪れる方向で調整している。

日米首脳が電話会談 バイデン氏「日本国民に寄り添う」

会員限定記事会員サービス詳細