米、軍事支援1兆円規模に 高機動ロケット砲4基追加

バイデン大統領(AP)
バイデン大統領(AP)

バイデン米政権は8日、ロシアが侵攻を続けるウクライナに対する4億ドル(約540億円)の追加軍事支援を発表した。ゼレンスキー大統領による武器供与加速の要請に応じた。米国の軍事支援は2月24日の侵攻開始後、計約73億ドル(約9930億円)となり、支援総額は1兆円規模に迫った。

今回は展開能力に優れる高機動ロケット砲システム「ハイマース」4基を追加。ドンバス地域と呼ばれる東部のルガンスク、ドネツク両州などで支配地を徐々に広げるロシア軍に対するウクライナ軍の反撃をより効果的にし、形勢逆転を狙う。

ゼレンスキー氏は6日のビデオ声明で「米欧が供与した兵器は強力に機能し、敵の重要拠点に打撃を与え、ロシア軍の攻撃の可能性を低下させている」と述べていた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細