海自護衛艦で勤務 逮捕の山上容疑者と同一人物か

安倍元首相が銃撃された現場付近で取り押さえられる山上徹也容疑者=8日午前11時38分ごろ、奈良市
安倍元首相が銃撃された現場付近で取り押さえられる山上徹也容疑者=8日午前11時38分ごろ、奈良市

防衛省は8日、安倍晋三元首相が銃撃された事件で、殺人容疑で捜査されている職業不詳、山上徹也容疑者(41)=奈良市大宮町=と同一とみられる海上自衛隊に所属していた同姓同名の人物について、当時、広島・呉港を母港とする護衛艦「まつゆき」で勤務していたことを明らかにした。生年月日も一致したが同省は同一人物か確認している。

山上容疑者と同一とみられる人物は平成14年8月に期限3年の任期制自衛官として採用され、佐世保教育隊で訓練を受けた後、14年12月に「まつゆき」へ配属。大砲や誘導ミサイルなどを扱う砲雷科で見習いとして勤務した後、16年4月に広島・江田島の第一術科学校に所属する練習船へ配属され、17年8月に海士長の階級で退官した。

処分歴は確認されず、再就職先は不明。任期制自衛官として小銃の扱い方や整備方法について、年1回以上の訓練を受けていたとみられる。

会員限定記事会員サービス詳細