自民・二階氏「まだ思い出を語る思いにはなれない」

二階俊博氏
二階俊博氏

自民党の二階俊博元幹事長は8日夜、参院選の街頭演説中に銃撃され死亡した安倍晋三元首相について「本当に心根の優しい人格者だった。それだけにまったく残念でならない」と述べた。東京都内で記者団の取材に答えた。

二階氏は安倍政権で党総務会長や党幹事長など要職を歴任。記者団から安倍氏との印象的な思い出について尋ねられ、「思い出はたくさんありすぎて、まだ懐かしく思い出を語るという思いにはなれない。あまりにも突然のことで残念としか言いようがない。お許しください」と肩を落とした。

会員限定記事会員サービス詳細