「真の愛国者だった」 露、安倍元首相を哀悼

プーチン露大統領は近く安倍氏の関係者に弔電を送る意向だという(ロイター)
プーチン露大統領は近く安倍氏の関係者に弔電を送る意向だという(ロイター)

安倍晋三元首相が銃撃により死亡したことを受け、ロシアのペスコフ大統領報道官は8日、「真の愛国者だった」と評し、哀悼の意を示した。また、プーチン露大統領が近く安倍氏の関係者に弔電を送る意向だと述べた。タス通信が伝えた。

ペスコフ氏は「安倍氏は常に国益を考えていたが、それを外交交渉で実現しようとしていた。そのためにプーチン氏と良好で実務的かつ建設的な関係を築いた。多くの国にはそうした政治家がいない」と指摘。その上で、ロシアが侵攻したウクライナのゼレンスキー政権を念頭に「多くの国は戦場で国益を守り通そうとしている。それは行き詰まるだけだ」と主張した。

元露大統領のメドベージェフ国家安全保障会議副議長も、安倍氏を「確固たる信念を持つ政治家だった」とする声明を発表。「立場は違えども、安倍氏との交渉は常に建設的だった。露日関係をあらゆる水準で高めた」とし、遺族や日本国民に哀悼の意をささげるとした。

会員限定記事会員サービス詳細