過去には現役首相暗殺も 国内の主な政治家襲撃事件

自民党の安倍晋三元首相が街頭演説中に銃で襲われた。国内では過去にも、首相経験者ら大物政治家が襲われる事件が複数発生しており、現役の首相が暗殺されたケースもある。

戦前では、わが国で初めて本格的な政党内閣を誕生させた原敬首相が大正10年11月、東京駅で男に刺殺されたほか、浜口雄幸首相が昭和5年、東京駅で右翼活動家の凶弾を受け重傷を負い、翌年に死亡している。

7年2月には右翼結社の血盟団の団員が井上準之助前蔵相、三井財閥の総帥だった団琢磨氏を相次いで射殺した。また同年5月には青年将校が犬養毅首相を暗殺した「五・一五」事件が発生した。11年2月26日にも、陸軍の青年将校らが軍事クーデターを狙った「二・二六事件」が発生。天皇親政を唱えて首相経験者の高橋是清蔵相や斎藤実内大臣ら政府要人を殺害し、永田町一帯を占拠した。これらの事件は後に軍部が影響力を増す契機となった。

戦後も政治家襲撃が相次いだ。昭和35年7月に、岸信介首相が首相官邸レセプション会場でももをナイフで刺され重傷を負ったほか、同年10月に浅沼稲次郎社会党委員長が日比谷公会堂で右翼の少年に胸を刺され死亡した。

50年6月には、三木武夫首相が東京・日本武道館の玄関で顔を殴られ軽傷を負った。この事件をきっかけに、要人を警護する警視庁SP(セキュリティーポリス)が発足した。59年3月、後に首相となる自民党の宮沢喜一衆院議員が都内のホテルで灰皿などで殴られ軽傷を負った。

平成に入ると、元年5月に山口鶴男社会党(現社民党)書記長が大津市内で右翼に襲われ負傷し、2年1月には本島等長崎市長が短銃で撃たれ重傷となった。右翼団体幹部は、「市長の天皇に関する戦争責任発言などが許せず、鉄槌(てっつい)を加えようと思った」などと供述していた。同年10月には自民党の丹羽兵助衆院議員が名古屋市内で、男に首を刺されて亡くなった。

4年3月には金丸信自民党副総裁が、栃木県足利市で右翼団体構成員に発砲された。この構成員側は「北朝鮮への外交姿勢などが許せず、けがをさせれば反省して政界を引退すると思い襲撃した」などと主張した。6年5月には、前首相の細川護熙氏が東京・新宿のホテルで元右翼の男に銃撃された。金丸氏と細川氏は無事だった。

さらに14年10月、民主党の石井紘基衆院議員が東京都世田谷区の自宅駐車場で、自称右翼団体の在日韓国人に包丁で左胸を刺されて死亡。19年4月には伊藤一長長崎市長がJR長崎駅前で暴力団幹部の男に撃たれ死亡している。(肩書はいずれも当時)

安倍元首相襲撃 逮捕の男は山上徹也容疑者

会員限定記事会員サービス詳細