群馬県・山本知事「言葉を失った」

群馬県の山本一太知事
群馬県の山本一太知事

安倍晋三元首相の銃撃事件を受け、群馬県の山本一太知事が8日、県庁で記者団の取材に応じ「ぼうぜん自失の状況で言葉を失った。いかなる理由があろうと許されない卑劣な行為だ」と時折、声を詰まらせながら話した。

山本知事は国会議員時代、第2次安倍内閣で沖縄北方担当相を務めた。「長い間お世話になった。私にとって特別な方だ」と強調した。

演説中に銃撃があったことを踏まえ「警備はしっかりされていたのか検証し、二度と起こらないようにしないといけない」と指摘した。

安倍元首相襲撃 逮捕の男は山上徹也容疑者

会員限定記事会員サービス詳細