特定団体と安倍氏のつながり「思い込んだ」、奈良県警会見一問一答

安倍晋三元首相銃撃事件を受け、記者会見する谷源警備部参事官、中西和弘刑事部長、山村和久捜査第一課長(左から)=8日午後、奈良市の奈良県警本部(永田直也撮影)
安倍晋三元首相銃撃事件を受け、記者会見する谷源警備部参事官、中西和弘刑事部長、山村和久捜査第一課長(左から)=8日午後、奈良市の奈良県警本部(永田直也撮影)

安倍晋三元首相が遊説先の奈良市内で8日午前に銃撃され死亡した事件で、奈良県警の中西和弘刑事部長や山村和久捜査1課長らが同日夜に県警本部で記者会見し、捜査状況について説明した。主な一問一答は次の通り。

--山上徹也容疑者の逮捕時の弁解は

「『特定の団体に恨みがあり、安倍元首相がこれとつながりがあると思い込んで犯行に及んだ』と供述している」

--特定の団体とは

「答えを差し控える」

--銃器の種類は

「手製の銃と判断している。現在鑑定しているが、見た目が明らかに手製。容疑者の自宅からも手製の銃のようなものを数丁押収している」

--手製の銃はどのように保管されていたのか

「(容疑者宅の)リビングに置かれていた」

--犯行時の弾は見つかっているか

「現場で金属片のようなものは見つかっている」

--安倍氏が奈良に来ると容疑者が知ったのはいつ?

「ホームページで把握したと供述している」

--奈良県警が安倍氏の訪問日程を把握したのは

「7日の夕方」

--そこから警護態勢を決めたのか

「そうです」

--突発的な警護だった?

「用意するだけの時間はあった」

--安倍氏の周囲に警察官を配備していたのか

「所要の態勢をとっていたが、警護の関係上詳しく言えない」

--世界的にも著名な政治家が亡くなり、今後の遊説にも支障を来す結果に

「警護を実施中の安倍元総理が亡くなったことは、重大に受け止めている」

会員限定記事会員サービス詳細