睡眠剤飲ませわいせつ疑い 女子大学生に、元教授逮捕

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

勤務していた大妻女子大(東京)の20代の学生に睡眠導入剤を入れた酒を飲ませ、体を触るなどのわいせつな行為をしたとして、警視庁麴町署は7日、準強制わいせつの疑いで、元教授、桶田敦容疑者(64)=東京都千代田区一番町=を逮捕した。

逮捕容疑は6月26日夜、桶田容疑者の自宅マンションで、睡眠導入剤の影響で意識がもうろうとして抵抗できなくなった女子学生にわいせつな行為をしたとしている。署によると、当日は2人で夕食を食べていたという。

大妻女子大によると、桶田容疑者はセクハラ行為があったとして、7月1日に懲戒解雇されている。

会員限定記事会員サービス詳細