2歳児熱中症死、2日連続でUSJ入園 逮捕の祖母ら、死亡当日もホテル予約

大阪府富田林市の自宅で死亡しているのが見つかった小野優陽ちゃん=ツイッターから
大阪府富田林市の自宅で死亡しているのが見つかった小野優陽ちゃん=ツイッターから

大阪府富田林市の小野優陽(ゆうは)ちゃん(2)が自宅に放置され、熱中症で死亡した事件で、保護責任者遺棄容疑で逮捕された祖母らが、優陽ちゃんの死亡前日と当日、大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に入園していたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。死亡当日も現地のホテルを予約し、3連泊しようとしていたことも判明。大阪府警は、祖母らが外出した当初から、優陽ちゃんを長期間自宅に放置するつもりだった疑いがあるとみて、ネグレクト(育児放棄)の実態を詳しく調べる。

逮捕されたのは、祖母の小野真由美(46)と内縁の夫、桃田貴徳(50)の両容疑者。2人は逮捕当初、優陽ちゃんが死亡した当日の6月29日午前5時ごろに自宅を出て、車でUSJに向かった、と説明していた。

捜査関係者によると、2人の行動を詳しく調べた結果、同27日午後から小野容疑者の五男(6)を連れてUSJ近くのホテルに宿泊し、翌28日は近隣の別のホテルに泊まっていたことを確認。さらに優陽ちゃんが死亡した29日も、27日に宿泊したホテルを再度予約し、28、29両日は実際にUSJに入園し、遊んでいたことも分かった。

両容疑者が27日の外出後、自宅に戻った形跡はなかった。府警は、2人が丸2日間に及ぶ長期間の放置が発覚するのを恐れ、虚偽の供述をしたとみており、その後の調べに「噓がばれるのは分かっていた」と話したという。

平日だった27~29日、小野容疑者の四男(15)は自宅から通学し、四男不在の間は優陽ちゃんは一人で家に残されていたとみられ、府警が確認を進める。

府警によると、29日午後4時過ぎ、学校から帰宅した四男が乳幼児用の柵「ベビーサークル」内で倒れていた優陽ちゃんを見つけ、小野容疑者に電話で連絡。約1時間15分後、USJから戻った桃田容疑者が119番した。桃田容疑者は「これまでも何度か一人きりにしたことがある」と説明し、小野容疑者は「育児のストレスがあった」と供述していた。

会員限定記事会員サービス詳細