フォト特集

大谷「投げて勝つのは大きい」 決勝打&10K

マーリンズ戦に「3番・投手兼指名打者」で先発し、投球するエンゼルス・大谷=マイアミ(共同)
マーリンズ戦に「3番・投手兼指名打者」で先発し、投球するエンゼルス・大谷=マイアミ(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷は6日、敵地マイアミでのマーリンズ戦に「3番・投手兼指名打者」で先発し、7回を2安打1失点(自責点0)の好投で、8勝目(4敗)を挙げた。

一回に1点を先制され、連続無失点は21回⅔でストップしたが、その後は立て直し、3試合連続の2桁となる10奪三振をマーク。打者では五回に勝ち越し2点適時打を放つなど4打数1安打。チームは5―2で勝ち、連敗を4で止めた。

ギャラリーページで見る

大谷の話 (最近は打撃で)勝ちに貢献できず、申し訳なさもあった。自分が投げているところで勝つのは大きい。(五回の勝ち越し打は)いい所に飛んでくれた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細