専門学校で火災 油まかれ放火か 神戸・須磨

火災があった神戸総合医療専門学校=神戸市須磨区
火災があった神戸総合医療専門学校=神戸市須磨区

7日午前5時ごろ、神戸市須磨区友が丘の「神戸総合医療専門学校」で、警備員の男性から「5階の窓から黒煙が見える」と119番があった。兵庫県警須磨署などによると、火は約50分後に消し止められたが、6階建て校舎の5階にある診療放射線科の教務室など計約80平方メートルを焼いた。けが人はいなかった。

同署などによると、当時校舎内は無人だった。2~5階の教室や廊下に油がまかれたような跡があり、2階と5階の非常階段の出入り口のドアのガラスが割られていたという。

同署は何者かが校舎に侵入し、放火した可能性もあるとみて、出火原因を調べる。

会員限定記事会員サービス詳細