絵を描ける新機能に広瀬すずさん「楽しい」 富士フイルムが新商品

富士フイルムの新商品「instax mini Link 2」の発表会で、撮影に応じる(左から)広瀬すず、伊原六花=東京都渋谷区(加藤圭祐撮影)
富士フイルムの新商品「instax mini Link 2」の発表会で、撮影に応じる(左から)広瀬すず、伊原六花=東京都渋谷区(加藤圭祐撮影)

富士フイルムは7日、スマートフォンで撮影した画像をその場でプリントできるプリンターの新商品「instax mini Link 2」の発表会を東京都内で行った。専用アプリでの撮影で絵などを描いた画像を作れる新機能を搭載しており、女優の広瀬すずさん、伊原六花さんが新機能を体験して「楽しい」などと笑顔をみせた。

手で持てる小型のプリンターとスマホを近距離無線通信「ブルートゥース」で接続し、画像を送信してプリントする。AR(拡張現実)の技術を活用した新機能では被写体の人がプリンターの側面にあるLED(発光ダイオード)を動し、その軌道に合わせて絵などが描かれた画像を作れる。スマホの画面をタッチして描くことも可能だ。

広瀬さんと伊原さんは互いに撮影して新機能を体験。広瀬さんは「(仕事の)現場に持っていこうと思う。現場の人と距離が近くなり、作品にはすごくいいことだと思う」と笑顔をみせていた。

発売日は7月28日。色はクレイホワイトなどの3種類で、市場想定価格は税込み1万5800円程度。

会員限定記事会員サービス詳細