救急車呼ばず「判断誤り」 名古屋市教委、男児骨折で

記者会見で謝罪する名古屋市教育委員会の担当者=7日、名古屋市役所
記者会見で謝罪する名古屋市教育委員会の担当者=7日、名古屋市役所

名古屋市昭和区の小学校で5年の男児が顔を強打し骨折したのに学校が救急車を呼ばなかったことについて、市教育委員会は7日記者会見し「学校の判断は誤っていた。速やかに救急搬送するべきだった」と謝罪した。男児は「左側眼窩底骨折」と診断され、手術を受け入院している。

市教委によると、男児は5日午後1時10分ごろ、教室で友人を背負っていた際に転倒して顔を強打。保健室で左目の痛みを訴え、嘔吐した。20代の女性養護教諭は患部に腫れが見られなかったことや眼球が動いていたことを確認し、保冷剤で冷やした。

その後、連絡を受けた保護者から「病院に連れて行ってもらえないか」と相談されたが「まずは保護者に児童の様子を見てもらうという判断をした」という。午後1時40分ごろに来校した母親が119番し、男児は病院に搬送された。

会員限定記事会員サービス詳細