大谷、オールスター最終投票は接戦 アルバレスと五分五分 MLB

マーリンズ戦に「3番・投手兼指名打者」で先発し、投球するエンゼルス・大谷=6日、マイアミ(共同)
マーリンズ戦に「3番・投手兼指名打者」で先発し、投球するエンゼルス・大谷=6日、マイアミ(共同)

米大リーグ公式サイトは6日、オールスター戦(19日・ロサンゼルス)の先発野手を対象とした最終投票の途中経過を発表し、ア・リーグの指名打者(DH)部門の1次投票で2位だったエンゼルスの大谷翔平は、同1位のアルバレス(アストロズ)と50%で並ぶ接戦となった。

各ポジションで1次投票の上位2人(外野手は4人)で争う最終投票は1次の結果を持ち越さず、8日(日本時間9日)に締め切られて発表される。1次で大谷はアルバレスに約55万票の差をつけられたが、同サイトは「争いは現在デッドヒート」と分析した。

6月は2人とも好成績を残し、大谷は打者で6本塁打、投手で4勝(1敗)、防御率1・52と「二刀流」で活躍した。アルバレスは打率4割1分8厘、9本塁打、28打点で6月の月間最優秀選手(MVP)に初選出された。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細